厳島神社の大鳥居が6月より大規模修理へ

カテゴリー:

世界遺産でもある厳島神社(広島県廿日市市)の大鳥居が6月より大規模の修理へ入り、8月中旬には全体が保護カバーに覆われてしまう。

2019年6月から7月まで小規模工事が行われ、7月19日には足場は撤去され鳥居自体は見えますが、7月20日より鳥居全体を覆う足場や保護シートが張られます。

シート自体は目の粗いものを使用されますが、そのままの姿を見られるのは夏休み前までとなりますね。

ですが、海水による浸食がすすんでいるので早めに修繕が必要だそうです。

おすすめ修理店

テイクサービス

電気の事なら全てお任せ下さい。専門の技術スタッフ、特殊器材を取り揃えてます。 照明工事、電気工事、エアコン工事、アンテナ工事 戸建・マンション・アパート・オフィス・店舗 様々な電気のトラブルに対応して…

修理コラム一覧を見る

注目情報

車の修理工場を選ぶ基準とは?

近年、車にはいろいろな機能が備わってきている。板金や塗装などを行っている車の修理工場を選ぶのも一苦労である。 しかし、修理工場を選ぶ際の基準としてどの修理工場も欲している認証があるのをご存じだろうか。…

修理ニュース一覧を見る